ビューティクレンジングバームを使ってみました!

ozio ビューティークレンジングバーム

60秒でアイメイク・黒ずみ毛穴も一気にするん!ハリまで出る話題の生バーム

ビューティークレンジングバーム

バームタイプは色々使ってきましたが、洗浄力がイマイチでキレイに落とせた、と実感できるものはありませんでした。こちらはバームの優しい使い心地はそのままで、オイルタイプ並みの洗浄力があるのでスッキリします。でも触るとしっとりしてメイク落とし後のカサカサもありません。美容成分の多さも魅力です。

バームタイプのクレンジング。毛穴より小さい洗浄成分が皮脂汚れやメイク汚れをかきだし、同時に41種類の美容成分が角層のすみずみまで行き渡り、しっとりとなめらかな肌へ洗い上げるのが特徴です。3種のセラミドや4種のヒアルロン酸など年齢とともに減少する保湿成分もしっかり補え、うるおいを奪うことなくハリを与えます。洗浄力を重視したいけど、乾燥や摩擦刺激が気になる年代に人気のクレンジングです。
3600円・税別/定期初回1,800円(2回目以降2,880円)税別
公式HPへビューティクレンジングバーム

編集部アボガドの感想

ビューティークレンジングバームレビュー

ラベンダーとカモミールのアロマティックな癒しの香り!嫌いな人は少ないのでは?

 

スパチュラ山盛り1杯分を円を描くようにくるくるとメイクとマッサージするように馴染ませていきます。

 

固形バームが肌の上でジンワリとろけていく感じがとても新鮮だし、メイクと馴染んでグングン浮いてくるのが分かります。

 

ビックリしたのはW洗顔しても(基本不要です)洗い上がりがしっとり!

 

オイル並みの洗浄力がしっかりありながら、乾燥しらずのしっとり感はやはり41種類の美容成分のおかげ?

 

肌に負担をかけずにメイクや毛穴汚れをしっかり落としたい、加齢で乾燥を感じるようになったという人にオススメです。

 

【商品解説】
ビューティクレンジングバーム41種類の美容成分配合、製品のじつに約78%が美容液成分であるクレンジングバームです。

肌に乗せるととろけながらメイクを落とせる

バーム、と言う名前の通り、見た目は固形なのですが肌に乗せると、とろけてメイク汚れを絡めるように落とします。

 

とろけたバームで指の滑りが良くなり、こすり過ぎず肌ダメージを軽減します。

 

肌にマッサージ効果も与えられます。

 

洗い流す際は肌に美容成分を与えながら、メイク汚れや毛穴汚れを落とせるので、洗い上がりに乾燥したりつっぱることもありません。

毛穴より小さい洗浄成分と美容成分で毛穴汚れも落とす

洗浄成分と41種類の美容成分は毛穴より小さい形でバームを形成しているので、クレンジング効果と美容効果を肌に負担を掛けることなく発揮できる処方。

 

3種のセラミドや4種のヒアルロン酸など、年齢とともに減少してしまう保湿成分でクレンジングの際にうるおいを奪いません。

 

さらに毛穴悩みに働く美容成分(リンゴ幹細胞エキスやハマメリス葉エキスなど)で、毛穴周りを引き締めハリを与えることで「たるみ毛穴」のケアもできます。

 

使い心地や肌への優しさを実感しながら、しっかりと洗浄・エイジングケアもできるので、「しっかり落としたいけど刺激が…」と気になる年代を中心に人気のクレンジングです。

 

ビューティクレンジングバーム 49歳 乾燥肌
1. その時のアナタの肌の状態と悩み

ビューティクレンジングバーム口コミ

乾燥毛穴です。カサカサした肌に涙型の毛穴がボツボツ…メイクをしても目立ち、とても嫌でした。

 

2. その化粧品を試してみたいと思った理由
毛穴に詰まるファンデを落としたくてとにかく洗浄力のあるメイク落としを使っていたのですが、乾燥肌はひどくなる一方で困ってました。調べてみたら最近流行りのバームタイプが毛穴に良さそうと思い、試してみました。

 

3. その化粧品のテクスチャーや使用感
正直最初は慣れなかったです。固形物をまず肌に乗せるのが困難でした。しかし問い合わせをしたら、最初に指である程度溶かすようにしてから馴染ませても良いと聞き、そのようにしました。そしたらクリームのようにとろけて塗り心地も良くなり、伸びも良かったです。

 

4. どんな風に使ったか?また工夫した点
先述したように、まずある程度手のひらや指先でほぐしてから乗せた方が使いやすいと思います。冬の寒い浴室でこの作業は少し苦痛でした(笑)。ですが肌によいことをするためにはこのひと手間くらい…と頑張ってマッサージも念入りにしました。

 

5. 使ってみた効果、他の商品との違い、改善して欲しい点
マッサージ効果なのか?毛穴周りの肌がキュッとしてきました。なによりあれほどメイク落としの際に悩んでいた乾燥がまったく気にならなくなったのが嬉しかったです。

 

クレンジングバームとは?特長と上手な選び方

クレンジング剤の中でもクレンジングバームの人気が高まっています。

 

さまざまなメーカーから続々と新製品が発売されている状況なのでこれからクレンジング剤を探そうと思っている方にとっては見逃せない存在でしょう。

クレンジングバームは浸透性と吸着力に優れている

クレンジングバーム特徴効果効能選び方

このクレンジングバームとは軟膏のようなもので、もともとはしっかりとした固めのテクスチャーをしているものが肌に塗付するとクリームのような柔らかくとけて浸透していくという特徴を備えています。

 

この仕組みを導入することでいかに肌に負担をかけることなくメイクを落としていくことができるか、というクレンジングの重要なテーマの解決を目指しています。

 

まず摩擦による刺激を最小限に抑えることができる点がひとつ。

 

適度な厚みを持つクリーム状に変化したうえで肌になじむので指で強く肌を擦る必要もなくメイクや汚れを浮き上がらせて洗い落とすことができます。

 

それから浸透性と吸着力に優れていること。

 

そのため表面のメイクだけでなくターンオーバーの乱れによって蓄積した古い角質、さらに毛穴に詰まったメイクや皮脂もしっかりと除去していくことができます。

 

洗顔料よりも優れた洗浄力で毛穴の汚れを落としていくことができるので毛穴の黒ずみ対策など毛穴ケアにも使用できる製品が多く見られます。

美容成分が配合されている製品が多いクレンジングバーム

クレンジングバーム特徴効果効能選び方

加えて美容成分が配合されている製品が多いのもクレンジングバームの特徴です。

 

浸透力の高さを活用して汚れを落とすとともに有効成分を肌へと補うわけです。

 

選択肢がどんどん増えているクレンジングバームを上手に選ぶ場合にはこうした特徴を踏まえたうえで見極めていくことが大事なのです。

 

まずテクスチャーは自分の好みに合っているか、肌質によってはベたついてしまう製品もありますし、しっとり感よりもさっぱり感の方が好き、という方も多いはずです。

 

それから洗浄力

 

毛穴ケアに役立つのはよいのですが、クレンジングの目的はあくまでメイクを落とすことですから、その点をしっかりクリアしているかどうか。

 

クレンジングオイルよりもメイクを落とす力は一歩劣ることが多いので注意しましょう。

 

美容成分に関しては自分が気になっている肌の悩みに合ったものを選ぶのがやはり基本です。

 

乾燥が気になる方は保湿成分、老化が気になる方はエイジングケア成分がメインとなるでしょう。

 

簡単に言えばクレンジング剤の基本をチェックしたうえでどれだけ自分にとってプラスアルファのメリットが得られるかが上手な選び方のポイントとなるでしょう。

 

各製品ともメーカーのサイトで詳しい内容が掲載されていますから、今回挙げたポイントをひとつひとつチェックしてみましょう。

 

クレンジングバームの特徴
クレンジングバームとはしっかりとした固めのテクスチャーをしているが、肌に塗布すると、クリームのように柔らかく溶けて浸透する特徴がある
そのため…

  • 摩擦による刺激を最小限に抑えられる
  • 浸透力と吸着力に優れているため表面のメイクだけでなく、蓄積した古い角質、毛穴に詰まったメイクや皮脂汚れもしっかり落とせる
  • 美容成分が配合されている製品が多い

→メイクや汚れを落としながら有効成分を肌に補える
上手な選び方

  • テクスチャー(肌質によってはべたついたり、しっとり感よりさっぱり感の方が好み、など…)
  • 洗浄力(オイルよりもメイクを落とす力は衰える傾向がある)
  • 美容成分の内容(保湿、エイジングケアなど)

…など自分のメイク環境を考慮しながら選ぶのがポイント

 

クレンジングの上手な選び方・使い方

クレンジング選びのポイント!

メイクを落とすために欠かせないクレンジング。

 

しかしこのクレンジングが肌に負担をかけてしまうことも多く、自分の肌やメイクの環境に合わせて製品を選んでいくことが大事です。

洗浄力が最も優れているのはオイルタイプだが刺激は強め

クレンジング種類選び方使い方メリットデメリット

いくら化粧水や美容液にこだわっていてもクレンジングの段階で肌に負担をかけてしまっているのではよいスキンケア環境とはいえません。

 

そんなクレンジング選びでは種類ごとの特徴をよく踏まえたうえで検討していくことが大事です。

 

現在ではじつにさまざまな種類のクレンジングが発売されており、それぞれに特徴やメリット、デメリットを備えているからです。

 

クレンジングとは基本的にオイルでメイクを浮き上がらせて落としていくものです。

 

そのためオイルの配合量が多いほど洗浄力に優れていることになるのですが、一方で洗浄力が強いほど肌への刺激も強くなります。

 

ですから洗浄力と刺激のバランスをよく考慮しながら選んでいくことが第一です。

 

つまりメイクをしっかり落とせるうえで肌への刺激ができるだけ少ないものを、というわけです。

 

クレンジングの種類も洗浄力と刺激で分けることができます。

 

もっとも洗浄力に優れているのがオイルタイプ

 

オイルの配合量が多くしっかりとメイクを落としていくことができます。

 

もっとも一般的なクレンジングであり、選択肢も多いのでまずこの種類の中から製品を探してみることになるでしょう。

 

ただ優れた洗浄力の反面刺激も強いので乾燥肌・敏感肌の方には適さない面もあります。

低刺激を重視するならクリームやミルクタイプ

クレンジング種類選び方使い方メリットデメリット

オイルタイプと同様洗浄力に優れている一方水分が多く軽い使い心地なのがリキッドタイプです。

 

ベタつきが少ないのでさっぱりした使い心地を好む方にもオススメです。

 

肌への刺激がオイルタイプよりも少ないほか、オイルタイプでは外れてしまう恐れがあるマツエクをつけている方にも適しています。

 

低刺激を重視するならクリームタイプとミルクタイプがオススメです。

 

クリームはリキッドタイプとは反対にこってりと厚めの使い心地が特徴となっており、弾力のあるクリームで肌を強く擦らずにメイクを落としていくことができます。

 

ミルクタイプはもっとも刺激の引くないタイプ薄いメイクの方や刺激に敏感でクレンジングを思うように使えないという方に適しています。

 

ただどちらのタイプも洗浄力がやや劣るのでメイクをしっかり落とせるかどうかを見極めたうえで判断しましょう。

 

とくにミルクは洗浄力が弱めなので注意が必要です。

 

逆に言えばクリーム、ミルクタイプでも問題なく落とせる範囲内でのメイクを心がけるといった考え方もあります。

 

刺激に敏感な方はメイク環境と組み合わせながら適切なクレンジングを選んでいきましょう。

 

クレンジングのタイプ メリット デメリット
オイルタイプ オイルの配合力が多くしっかりメイクを落とせる 刺激が強く乾燥肌・敏感肌には適さない場合も
リキッドタイプ

ベタつきが少なくさっぱりした使い心地。
脂性肌やニキビ肌に適している

サラッとしたテクスチャーな分、肌を擦りやすいことも
クリームタイプ

弾力のあるクリームで摩擦が少ない。
美容成分が多く配合されてる製品が多い

人によってはベタつきを感じる、W洗顔が必要な場合がある
ミルクタイプ

刺激がもっとも少ないタイプ。
乾燥肌・敏感肌にもおすすめ

洗浄力は低いので、メイク環境を合わせる必要がある

 

クレンジング剤と美容効成分

クレンジングはメイクを落とすことが目的で行うもの、しかもあまり頑張って洗いすぎると肌に負担をかけてしまう恐れがある…

 

つまりマイナスのイメージが強いスキンケアの過程なのですが、現在ではそんなイメージを払拭するような美肌効果を備えたクレンジング剤も登場しています。

美容成分や保湿成分が補えるクレンジングも増えている

クレンジング美容成分保湿成分エイジングケア

クレンジングの問題点はメイクをしっかり落とすために優れた洗浄力を備えている一方、肌に負担をかけてしまう点です。

 

とくに必要な皮脂まで除去してしまうことでバリア機能を損ねてしまい、乾燥や老化といった問題の原因を作ってしまいます。

 

しかしクレンジングでメイクや皮脂を落としたところに美容成分を補うことでその問題点をカバーし、美肌対策にも役立てることができるのです。

 

そのため、美肌効果を備えたクレンジング剤の多くは保湿成分を配合しています。

 

クレンジングによって乾燥してしまうリスクを保湿成分でうまく補おうというわけです。

 

バリア機能が低下した肌は同時に水分を溜め込む保湿力も低下してしまっているため、保湿成分をうまく補っておかないとどんどん水分が蒸発してしまいます。

 

これではその後の化粧水や美容液で有効成分を補っても十分な効果が期待できませんから、クレンジングの段階でそうした環境を改善しておくわけです。

 

また保湿成分でバリア機能を改善しておけば次の洗顔料の負担を和らげることもできます。

 

保湿成分ではヒアルロン酸やコラーゲンなどがよく配合されています。

30代以降はエイジングケア成分や活性酸素を防ぐ成分などを意識

クレンジング美容成分保湿成分エイジングケア

これらの成分は30歳前後を境に角質層内の含有量が減少していくため、エイジングケアにも欠かせません。

 

30代になってクレンジングや洗顔の負担が気になり始めた、という方はこれら保湿成分の減少が背景にある可能性もあります。

 

それを補う手段としてもこうしたタイプのクレンジングは魅力的な選択肢となるでしょう。

 

他にはエイジングケア成分のプラセンタやビタミンC誘導体を配合した製品も増えています。

 

プラセンタエキスは肌の細胞の活性化を、ビタミンC誘導体は老化の原因となる活性酸素を防ぐ働きがあります。

 

クレンジングで傷んだ肌は先ほど触れたように老化が進みやすく、また表面のカサつきやザラつきが問題になりやすいものです。

 

ビタミンCで老化を防ぎ、プラセンタでターンオーバーを活性化させてカサつきを改善していけばクレンジングのダメージを軽減・修復できるというわけです。

 

このように美肌効果が期待できるクレンジング剤を使用すれば毎日のメイク落としの負担を和らげることもできるでしょう。

 

もちろん、本格的な美肌対策は美容液やクリームで行っていく必要がありますが、それを補う方法としてもお勧めです。

 

クレンジング剤と美容成分の関係
クレンジングはメイクを落とすことが目的だが、肌への負担が大きい
保湿成分や美容成分を配合し、美肌効果を備えたクレンジング剤が多く登場している

 

保湿成分ではヒアルロン酸やコラーゲンがよく配合されている
→保湿成分が減少する30代以降やクレンジング後の乾燥が気になる人にオススメ
エイジングケア成分ではプラセンタやビタミンC誘導体がよく配合されている
→プラセンタは肌の細胞の活性化、ビタミンC誘導体は活性酸素を防ぐ働きがある

更新履歴